読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々思ったことつらつら草子

その時々で思ったこと、感じたことを書いています。ライティングスキルをあげたいと思い始めました。まだ開設したばかりですがよかったら覗いてみてください。

インド旅行記〜4日目〜

ふと目が覚めた。(あっ、もうジャイサルメール着いたんだ!)携帯を見てみるとまだ2:30。(え、まだ2:30?あぁーーまだ4時間近くあるーーーこりゃまだまだ先は長いな…)そんなことを思いながら目を閉じいつの間にかまた眠ってしまっていた。「着いたぞーー終点だよー!」リュウサイさんの声で目が覚めた。(えっもう着いたの?)結局一度目が覚めたきりその後は爆睡してしまったようだ。眠たい目をこすりながら電車を降りる。外に出るとひんやり涼しく朝もやの感じが清々しく一気に目が覚めた。さわちゃんに「初めての寝台列車どうだった?よく寝れた?」と聞かれ2時半の下りを話した。それからみんなで車に乗り込み(ゆーすけが酔いやすくないか訊いてくれたのここかな?)ホテルTitanicへと向かった。ホテルTitanicのオーナーは犬を飼っているらしく、今まで見てきたような貧相な野良犬とは違ってちゃんと躾られた生き生きとしたわんこがいた。ぜっきーによるとインドに来てからちゃんとした飼い犬を見たのはこれで2回目らしい。どんだけ飼い犬少ないんだよ!!犬やたらめったら見るけどほぼ野良かよ!笑 そのわんこは飼い主のことがほんとーに好きなようで飼い主を見れば尻尾を振って鎖に繋がれていたけどすごく飼い主の元に行きたそうだった。

リュウサイさんがオーナーと何か話していたがホテルを変えることになった。どうやらホテルTitanicは今改装中らしい。リュウサイさんにちょっと高くなるけどいいホテルか安いけどあんまりなホテルかどっちがいいか聞かれた。みんなちょっといいホテルを選んだ。

ホテルに着き部屋決め。ごはんちゃん以外エアコン付きを選ぶ。部屋決めじゃんけんでひとみんさんと一緒になる。先にシャワー浴びさせてもらい(インド初のシャワーだったがもちろんお湯は出ず。あ、これからお湯なし生活か…と思った。)出てくるとひとみんさん寝ちゃってた。インド旅行記を書いたりしながら過ごしひとみんさんも起きてシャワー浴びに行く。それから17時の出かける時間までお昼寝をするつもりだったが、結局ひとみんさんとずっと喋って過ごした。

17時になりジャイサルメール城に出かける。地球の歩き方で初めて見たときから楽しみだったジャイサルメールの街はクリーム色のレンガでできた家が連なっていて、まさに砂漠の中の街といった感じ。色んなお店を通り抜けお城に着いた。門の上にはたくさんのコウモリたち。まるでドラキュラ伯爵のお城のようだ。お城を見学するのかと思っていたけれど、リュウサイさんは他の場所には目もくれないで一つの場所に向かっていった。そこは街が一望できるところで大砲みたいなのが置いてあった。そこで一人ずつジャンプした写真を撮ってその後みんなで記念撮影。なかなかいい写真がとれた。

その後お店をちらちらと見ながら夕日がきれいに見えるポイントへ向かう。そこでみんなでいすに座ってのんびりときれいな夕日を眺めた。夕日が沈んだ後気づいたら寝落ちていて、お店の人にも、みんなにも「よく眠れた?」て訊かれちゃった。そこはリュウサイさんが若い頃お気に入りの女の子を連れ込んでた場所なんだって。お店の人は何の宗教か忘れたけど喪中の髪型をしてた。

それから城を後にして韓国料理屋に向かう。途中で立ち寄ったコンビニでアイスとFizz(りんごの炭酸ジュース)を買った。Pistaっていう名前だったからピスタチオかなんかかと思ったけど違ったみたい。味は普通。Fizzはめちゃ美味しかった。

韓国料理屋でfried riceを頼む。それまであまり喋る機会のなかったさわちゃんやすーちゃんと同じテーブルになり喋ることができた。恋バナしたりして。途中で停電事件が起きた。真っ暗な中お店の人がキャンドルを持ってきてくれた。「明るくはなったけど暑いよね」なんて言いながら料理を待つ。ここのお店は料理が出てくるまでがほんとーーうに長かった!やっとこさ料理が出てきて薄暗い中で食べる。味は…イマイチ。あとさっき食べたアイスと炭酸のせいであまりお腹が空いてない。結局半分も食べずに残してしまった。途中で電気付いた!!扇風機も復活!!となったがしばらくしてまた消えちゃった。まぁ、インドだからね、仕方ないね。笑

宿に帰ってお休み。今日もたーくさん動いたからよく寝れそうだ。